MENU
Matsu
美容室 -WEB運用担当-
美容師→美容室の集客・メディア運用の担当者として働く30代♂

シャンプーやトリートメント、ドライヤー、アイロンまで実際に使って体感をレビュー

プロの視点からおすすめの美容商材を発信していきます。
カテゴリー

【ヘアレシピは体に悪い?】美容師目線で徹底レビュー!評判や口コミも合わせて紹介します。

Matsuのアイコン画像Matsu

どうも、bibloのMATSUです!

  • ヘアレシピって実際どうなの?
  • ヘアレシピの特徴は?
  • ヘアレシピの成分って?
  • ヘアレシピの口コミは?

こんな疑問にお答えしていきますね。


【3行!結論まとめ】

  • 刺激が強い洗浄剤が主成分として構成されている。
  • コストを抑えて香りを楽しみたい人向け。
  • コストではなくコスパを重視したいなら別のシャンプーがおすすめ。

旬の食材、季節に応じたヘアケアをコンセプトとした【ヘアレレシピ】シリーズ。

果物やはちみつなどなんとなく良さそうな印象を受ける【ヘアレシピ】シリーズですが、

実際に使ってみた感想や体への影響、口コミなど気になったりしませんか?

Natsuのアイコン画像Natsu

それは気になるね!

Matsuのアイコン画像Matsu

果物ベースの潤い成分とかあまりないから気になるよね。

新シリーズも発売されており、実際のところどうなのかと疑問に感じている人もたくさんいるはず。

実際に使ってみるとするなら、プロの感想や口コミの情報をみてから決めたいですよね!

というわけで、本記事では

【ヘアレシピ】

について詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

先に結論から読みたい方は【結論】まで読み飛ばしが可能です。

目次

ヘアレシピの特徴とは?

ヘアレシピ

ヘアレシピシャンプーの特徴をまとめて紹介していきますね!

ノンシリコンで軽い仕上がりになる

ヘアレシピのシャンプーにはシリコンが含まれておらず、髪表面にコーティング成分を蓄積させない処方になっているので、

細気・軟毛タイプの人でもペタンとボリュームダウンしにくい、ふんわり仕上がるシャンプーです。

さっぱりと洗い上げてくれるので、頭皮の油分量が多くてベタつきがちな人におすすめなシャンプーとなっています。

Natsuのアイコン画像Natsu

さっぱりと洗い上げてくれるのは嬉しいね!

Matsuのアイコン画像Matsu

その分、しっとり感はあまり感じられないかも!

果物由来成分が配合されている

ヘアレシピは、果物から抽出されるうるおい成分や保湿成分を配合しているオーガニックテイストなシャンプー・トリートメントです。

ふんわりタイプのエンパワーボリュームレシピはキウイやいちじく

しっとりタイプのエンリッチモイスチャーレシピはアプリコットやハチミツをそれぞれ配合。

香りもフルーツのフレッシュな香りが楽しめるので、香り重視で決めたい人向けなシャンプーといえます。

Natsuのアイコン画像Natsu

香りがいいのはうれしいよね!

Matsuのアイコン画像Matsu

低コストで香りを楽しみたい人向けなシャンプーかな!

ヘアレシピの成分分析

利用方法

ヘアレシピシャンプーの成分を分析していきましょう。

ヘアレシピ 全成分

水,ラウレス硫酸Na,ラウリル硫酸Na,コカミドプロピルベタイン,塩化Na,クエン酸,クエン酸Na,キシレンスルホン酸Na,香料,コカミドMEA,安息香酸Na,EDTA-4Na,エチレンジアミンジコハク酸3Na,PEG-60アーモンド脂肪酸グリセリル,グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,硝酸Mg(キ),ハチミツ,黄4,PG,メチルクロロイソチアゾリノン,塩化Mg(キ),メチルイソチアゾリノン,赤227

シャンプーで注目すべきはやはり【洗浄成分】です。

一口に洗浄成分と言っても石油系やアミノ酸系、ベタイン系など様々な種類があるので必ずチェックすることをおすすめしまうす。

洗浄成分

洗う

洗浄成分は以下の3つで構成されています。

  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na
  • コカミドプロピルベタイン

ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naは石油系の洗浄成分として代表的な成分であり、肌や髪に与える刺激性は比較的強めな洗浄成分です。

最近は植物性のものに変わってきてはいますが、それでも刺激は強め。

安価な成分なので、市販で販売されているシャンプーで多用されており、名前に馴染みがある人も多いはずです。

洗浄力や脱脂力が強いので、洗い上がり後のしっとりさは全くなく、パサつきや髪の絡み、合わない場合は痒みが出てしまったりと、

消費者の目線で言ういいところといえば【購入の際に低コストで抑えられる】ところのみ。

髪のダメージや洗い上がり、仕上がりを良くするのであれば

アミノ酸系やベタイン系の洗浄成分を主剤として構成されているシャンプーを選ぶべきだと断言できます。

コカミドプロピルベタインというベタイン系の洗浄成分も配合されてはいますが、

ラウレス・ラウリルを中心としてしまっている時点であまり意味をなさないものだという認識でいいと言えます。

ヘアレシピの口コミはどうなのか?

オッジィオットの口コミはどうなのか?
オッジィオットの口コミはどうなのか?

実際に使用した素直な口コミを紹介していきます。

Good 口コミ

ヘアレシピを使用してみて、【いいと感じた口コミ】を紹介していきます。

Natsuのアイコン画像Natsu

とにかく香りがいいって口コミがとにかく多いね!

Matsuのアイコン画像Matsu

フルーツの甘めな香りが好きな人にはたまらないかもね!

Bad 口コミ

ヘアレシピを使用してみて、【あまりいいと感じなかった口コミ】を紹介していきます。

Natsuのアイコン画像Natsu

髪がキシキシするって意見が多かったね…

Matsuのアイコン画像Matsu

洗浄力が強めなシャンプーだからそうなっちゃうのもうなずけるね…

ヘアレシピ 取扱店

頭皮ニキビケアに適したアイテムの選び方

ヘアレシピの取扱店も紹介していきますね。

結論:コストを抑えたいならよし。だが…

一言で言うなら、とにかくコストを抑えながら香りを楽しみたい人向けのシャンプーといったところでしょうか。

洗顔料やボディソープにも含まれている優しい洗浄成分もチョロっと配合されていますが、

その分量はかなり少なく、洗浄力・刺激の強い成分が主成分として構成されています。

カラーやパーマなどをしていないバージン毛や、もともと毛が強いタイプの人であれば使用を続けていても問題はないですが、

普段から定期的にカラーやパーマを楽しむ人や毛が細くて絡まりやすい、ダメージしやすい人にはあまりおすすめできないシャンプーだと言えます。

洗浄力が強いシャンプーを使い続けてしまうと、髪表面のキューティクルを傷つけ、

内部のうるおいを外に逃がしてしまい乾燥やダメージを加速させる要因ともなるので、

できる限り、アミノ酸系やベタイン系の洗浄成分を中心として構成されているシャンプーを選びたいですね。

同じような価格帯でも、ラサーナプレミオールのようなアミノ酸系洗浄成分を主剤としたコスパと仕上がりのバランスがとれたシャンプー・トリートメントであれば

美容師も安心しておすすめできるので、乾燥やダメージが気になる方はぜひそちらを試しに使ってみてください。

Matsuのアイコン画像Matsu

半額キャンペーン期間中なので早めの申込みがおすすめですよ!

関連 : 【ラサーナ プレミオール 】の評判、口コミはどう?香り、成分から使い方まで徹底レビュー!

ヘアレシピは体に悪いのか?まとめ

本記事では、

【ヘアレシピ】

  • 特徴
  • 成分レビュー
  • 口コミ

についてまとめていきました。

ヘアレシピは、市販品によくある成分で構成されたシャンプーなので、本気のヘアケア向きな製品と言えるものではないと感じましたが、

コストを抑えながら香りを楽しむシャンプーとして割り切ることができるのであれば、使ってみるのもいいのかなと感じました。

ただ、コストを抑えながらもアミノ酸系の洗浄成分を配合しているラサーナプレミオールのようなシャンプーもあるので、

仕上がりとコスパのバランスがとれたシャンプーがおすすめですのでぜひ試してみてくださいね!

どうも、マツでした!

あわせて読みたい
【劇的変化!】美容師おすすめ!ひどい切れ毛を改善する5つの対策法
【劇的変化!】美容師おすすめ!ひどい切れ毛を改善する5つの対策法どうも、bibloのMATSUです! 切れ毛ってなんで起こるの?切れ毛を起こさせない対処法は? このような疑問にお答えしていきますね。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる